産後の骨盤の歪み

産後イラスト

  • 産後から、長く歩くと腰が痛い
  • 産後から、骨盤が開いている感覚がある
  • 産後以前より開脚が出来ない
  • 産後、しゃがむと股関節が痛い
  • 産後のポッコリお腹が気になる

妊娠中はお腹が膨らんでくると、腰から骨盤は前に引っ張られてしまうので、上半身を後ろに反らせてバランスを取っている方が多くみられます。

骨盤が前に引っ張られてしまうと、前後の傾きも正しい状態を維持出来なくなります。

産後はある程度は自家筋力により、骨盤の開きや位置なども自然に戻ると言われています。

しかし、妊娠中や産後の日常の過ごし方によっては、完全に戻りきらない場合があり、今まで感じていなかった腰や股関節の痛みを伴う場合があります。

これは骨盤を支える筋肉が落ちてしまうことと、固くなってしまった関節の動きが原因です。

下腹部がポッコリしたまま元に戻りにくい状態が気になる方は骨盤の位置の異常だけではなく、筋力のチェックも必要です。

腰や股関節の痛み

骨盤は背骨や股関節と密接に関わっているため、僅かな歪みがあるだけでも、様々な症状を招く場合があります。

骨盤が極端に前や後ろに傾くと、上半身の荷重を上手く分散しながら支えることができなくなります。

同時に人体の中で最大の加重関節と言われる股関節、膝関節にもその影響が及びます。

結果、腰や股関節の動きは悪くなり、筋肉も硬くなるため、痛みを伴う可能性が高くなります。

下腹部のポッコリが気になる

妊娠、出産~産後に掛けて、正しい姿勢を維持出来なくなった状態が続くと、姿勢を保持してくれる筋肉(インナーマッスル)が弱くなります。これらの筋肉は正しい姿勢の時に最も働く筋肉なので、骨盤が歪んでいる間は、あまり使えていないことでしょう。

その結果、姿勢的な要素だけでなく、基礎代謝が下がってしまい、必要以上についてしまった体脂肪を燃焼しづらい為、下腹部がポッコリしたまま元に戻りにくくなります。

骨盤矯正とは

当院では、痛みを伴わない骨盤矯正を行っております。骨盤を矯正することで、歪みは勿論のこと、左右の脚の長さの違いや、骨盤が開いてしまい股関節が外に開くことで起きるO脚にもアプローチすることが出来ます。また正しい姿勢に戻すことにより、インナーマッスルがきちんと働く状態に戻すことも重要な目的になります。腰や股関節に負担を掛けない身体作りをしていきます。

患者様の声 | 平塚市 さくら鍼灸整骨院

  • 平塚市 20代 女性 産後骨盤

    首、肩こりと、産後の骨盤のゆがみによる腰痛があったため受信しました。
    約2カ月間通っていますが、身体の調子が改善されているのを実感しています。
    担当の先生が一生懸命で、安心して施術を受けることができました。
    また調子を崩した時もぜひお願いしたいと思っています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。