ぎっくり腰

ぎっくり腰

  • 重い荷物を持ち上げた時に腰が痛い
  • 椅子から立ち上がる時に腰が痛い
  • 床の物を拾う時に腰が痛い
  • 靴下を履く時にかがむと腰が痛い
  • 同じ姿勢で長時間いると腰が痛い

ぎっくり腰は、基本的には硬くなって動きが悪くなった、背骨の関節や腰の筋肉を痛めた状態です。場合によっては背骨から出て末梢へと走行する神経などを刺激してしまうことにより、脚のシビレや神経痛を伴う腰部椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などを引き起こす場合があります。

腰の背骨の関節を痛める場合

腰の背骨は5つの骨で構成されていますが、それぞれ上位と下位で関節ができており、その関節にも椎間板と言われる軟骨が存在します。変形性関節症によって軟骨が磨り減ることで関節の動きが悪くなり、無理に動かそうとすると、関節部分を痛めてしまう場合があります。程度にもよりますが、ひどい症状の場合、寝たまま動けなくなることがあります。

腰の筋肉を痛める場合

腰は脊柱起立筋と呼ばれる、背骨が倒れないように支えてくれている筋肉が存在します。繰り返しの動作により疲労したり、姿勢が崩れることによって筋肉の柔軟性が乏しくなり、何か腰を動かそうとした際に筋肉を傷付け、痛めてしまう場合があります。程度によっては動けることが多いですが、症状が強いと動けないこともあります。

ハイボルト治療

ハイボルト治療は特殊な電流を使って痛みの原因となっているポイントを探し出し、痛みを改善させていく即効性の高い療法です。ぎっくり腰などの急性症状はもちろん、中々改善しづらい、座骨神経痛などの症状にも効果を発揮します。

高電圧の電流を症状の原因となっている深部の筋肉や関節部に到達させることができるため痛みやしびれなどの症状を改善させ、元来ある治癒力を更に高めていく作用・効果のある治療法です。

また電流が少し苦手、という患者様には電流刺激のない超音波のみあるいはMCR(マイクロカレント)という微弱電流による治療を行い、炎症し傷ついている筋肉や関節部の修復力を高めていく治療を行いますのでご安心ください。