親御さんに気をつけてもらいたい話

2018年06月14日

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

平塚の筋肉担当、W/Aですᕙ( ‘ω’ )ᕗ

 

今日はお父さんお母さんに気をつけてもらいたい子どものケガの話です!

『肘内障』って聞いたことありませんか?

子供の腕を引っ張ったり転んで手をついたりすると、肘の輪状靭帯から肘の外側の骨(橈骨頭)がはずれかかることによって起こります。

輪状靭帯が発達していない5歳以下の子供に多くみられる症状です

肘内障を起こすと腕を動かせなくなるため、子どもは片腕をだらんと下げた状態になり、肘を動かさない限り骨折のような激しい痛みは生じないです!

肘内障の約50%は、子どもの手を引っぱったときに起こると言われています。

なので小さいお子さんをお持ちのお父さんお母さんはくれぐれも気をつけてください!

 

神奈川を中心に14店舗を展開

”マイナスからゼロへ、ゼロからプラスへ” 症状の根本改善をめざす

さくらメディカル整骨院グループ

さくら鍼灸整骨院 平塚院

神奈川県平塚市代官町33-1 OSC湘南シティ2F

TEL 0463-72-8940

お子様連れOK、駐車場完備、予約優先制、お電話でご予約ください。