小さなお子さんのケガあるある

2018年07月30日

皆さんこんにちは!!

今回ブログを担当しますM.Wです!!

先日は台風12号が来たおかげで、平塚市のとある地域に避難勧告が出ていましたね!!普段中々避難に慣れていない方もいると思うので、普段からの準備が必要ですね!!

さて、今回は小さなお子さんのケガあるあるをお伝えしていきます!!

皆さん、お子さんが公園で遊んでいる時やご自宅で遊ばせている時などをイメージして頂きたい!!

良く聞くお話なのですが、

お子さんが手を付いて転倒してしまったり、あるいはパパさんママさんが遊びながら思いっきり両腕を引っ張ったりした後に、お子さんが手を挙げなくなったり、ブラブラとぶら下げたままの状態になってしまう事があるのです!!

でも小さなお子さんは、どこが痛いか上手く伝える事が出来ない。

こんな時、小さなお子さんの肘の関節を痛めている可能性があります!!

肘内障(肘関節の亜脱臼)を起こしている場合が多いのです!!

でも安心してください!!

整骨院などでも、このような症状にも対応しております!!

インターネットにも様々な情報が載っていると思いますが、無理に戻そうとすると、肘周りの血管や神経を傷つけてしまう場合がありますので必ず、専門機関に一度診せてあげて下さい!!

当院では電話対応も行っておりますので、何かわからないことがあればいつでもお電話でもご相談下さい!!