半月板損傷について

2018年07月19日

 

皆さんこんにちは!!                                平塚のアイドル担当 K/H です(*^^)v♪                   

今回は、私の膝の怪我の経験談と「半月板」についてお話したいと思います!       

私は高校時代にバレーボールをしていて、ジャンプの着地で前十字靭帯を断裂してしまいました。                                        トレーニングをたくさんしていたのにも関わらず、クールダウン(ストレッチ)を疎かにしていた事と、身体の使い方が悪かったのが原因だったという事が、今この職に就いて痛感し手をいます・・・

そして最近になりまた、膝の痛みが出てきてしまい”半月板”が損傷していることが分かりました( ;∀;)                                      そこで!!半月板損傷とはどういったものなのか解説したいと思います。

 

【症状】

半月は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨様の板で内側・外側にそれぞれがあり、クッション姿勢を安定させる役割をはたしています。これが損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

 

【原因と病態】

[原因]                                       

スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に微妙な外力が加わって損傷する場合とがあります。

前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものとがあります。

半月は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。

[病態]                                       原因が様々であるため、損傷の形も様々で形態により変性断裂水平断裂縦断裂横断裂に分類されます。損傷の状態によっては放置すると、さらに関節軟骨を傷めることもあります

 

【診断】                

徒手検査や症状の経過からも予測可能ですが、単純X線(レントゲン)写真では半月は写りません。症状や診察で半月損傷を疑えばMRI検査を行います。MRIは非侵襲性で半月損傷の病態や合併する靭帯損傷の診断にも有用です。

 

【予防と治療】            

リハビリテーションや抗炎症薬の処方など保存的治療で症状が改善する場合がありますが、改善しない場合には手術を行います。
手術法には切除術(損傷した部分を切り取る)と縫合術(損傷した部分を縫い合わせる)の2種類があり、通常は関節鏡を使った鏡視下手術を行います。

 

なんとなく膝に違和感を感じている方、膝に痛みがある方!!!

その痛みの根本の原因が「膝」ではなかったら・・・

今から予防できることは沢山あります!

『姿勢分析』から行ない、一緒に原因を探ってみませんか?

 

神奈川を中心に15店舗を展開

”マイナスからゼロへ、ゼロからプラスへ” 症状の根本改善をめざす

さくらメディカル整骨院グループ

さくら鍼灸整骨院 平塚院

神奈川県平塚市代官町33-1 OSC湘南シティ2F

TEL 0463-72-8940

お子様連れOK、駐車場完備、予約優先制、お電話でご予約ください。