ランナーに多い症状の話

2018年05月16日

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

平塚の筋肉担当、W/Aですᕙ( ‘ω’ )ᕗ

今日はランナーが発症しやすい腸脛靭帯炎と鵞足炎のお話をします。

【腸脛靭帯炎】:腸脛靭帯は腸骨稜(骨盤)~脛骨(スネの骨)近位外側を走行して、膝関節伸展時には大腿骨外側上顆の前方にあり、屈曲時には後方に移動します。

このため膝の屈伸を繰り返すスポーツでは、腸脛靭帯と大腿骨外側上顆がこすれて腸脛靭帯炎が生じると考えられています。

【鵞足炎】:鵞足は脛骨近位内側で縫工筋・薄筋・半腱様筋の腱が扇状に付着する部位の総称です。

膝関節の屈伸に伴う膝内側側副靭帯と鵞足の摩擦が繰り返されることにより、腱の付着部に炎症がみられるものが鵞足炎です。

腸脛靭帯炎では膝の外側に、鵞足炎では内側に痛みが出現します。

 

平塚では9月15日、16日に平塚総合公園で24時間マラソンがありますね。

それに向けて練習されている方も多いのではないでしょうか?

腸脛靭帯炎、鵞足炎にくれぐれもお気をつけください!

ちなみにさくらメディカルグループは24時間マラソンではマッサージブースを展開しますので参加者の方は是非いらしてください!!!

 

神奈川を中心に14店舗を展開

”マイナスからゼロへ、ゼロからプラスへ” 症状の根本改善をめざす

さくらメディカル整骨院グループ

さくら鍼灸整骨院 平塚院

神奈川県平塚市代官町33-1 OSC湘南シティ2F

TEL 0463-72-8940

お子様連れOK、駐車場完備、予約優先制、お電話でご予約ください。