大事なタンパク質の話

2018年04月11日

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

W/Aですᕙ( ‘ω’ )ᕗ

 

前回は炭水化物、前々回は脂質の話をしました。

今回は三大栄養素の中でもっとも大事なタンパク質の話をします。

「タンパク質」は英語で「プロテイン」です。

その「プロテイン」の語源はギリシャ語で一番大切なものという意味の「プロティオス」と言われています。

つまりタンパク質は人間にとって一番大切なものなんです!

 

タンパク質は大きく分けると動物性と植物性の2種類があります。

さらに細かく、ホエイ、カゼイン、卵白、大豆タンパク、小麦タンパクの5種類に分けられます。

肉や魚など動物から摂ることができるタンパク質のことを動物性タンパク質と呼んでいます。5大タンパク質で言うと「ホエイ」「カゼイン」「卵白」の3種類が、動物性タンパクです。

ホエイは牛乳から乳脂肪分と固形タンパク質を除いて残ったもので、カゼインはホエイを作るために取り除いた固形タンパク質から作ったものです。卵白は皆さんご存知の通り、卵の白身の部分です。

動物性タンパクは必須アミノ酸を含んでいます。

アミノ酸は他の栄養素から自力で生成できるのに対し、必須アミノ酸と呼ばれる9種類だけは自分の力では作れません!

動物性タンパク質は、手軽に必須アミノ酸を摂取できます。

動物性タンパクは肉、魚、卵などで摂取出来ます。

植物に含まれるタンパク質のことを植物性タンパク質と呼んでいます。

大豆たんぱくは文字通り大豆に含まれるタンパク質を、小麦タンパク質は小麦に含まれるタンパク質を指します。

植物性タンパクは納豆、豆腐、豆乳などで摂取出来ます。

 

タンパク質はそれぞれ吸収速度が違います。

ホエイタンパクは吸収が速いためトレーニング後や、起床時に摂取するのがオススメです。

カゼインや大豆タンパクは吸収がゆっくりなため間食や就寝前に摂取するのがおススメです。

 

タンパク質は体重の2倍摂るようにしましょう!!!

 

神奈川を中心に14店舗を展開

”マイナスからゼロへ、ゼロからプラスへ” 症状の根本改善をめざす

さくらメディカル整骨院グループ

さくら鍼灸整骨院 平塚院

神奈川県平塚市代官町33-1 OSC湘南シティ2F

TEL 0463-72-8940

お子様連れOK、駐車場完備、予約優先制、お電話でご予約ください。