インナーマッスルの話

2018年02月1日

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

W/Aですᕙ( ‘ω’ )ᕗ

 

2月から産後骨盤矯正プログラムがスタートします

なので今日は骨盤を支えてくれるインナーマッスルについてお話ししたいと思います^^

 

筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルがあります。

アウターマッスルは重い物を持ち上げたり、素早く力強い動きをする際に使われる筋肉です。

インナーマッスルは姿勢の保持や関節の安定、呼吸などゆっくりとした動きに使われる筋肉です。

 

インナーマッスルの別名は姿勢保持筋と呼ばれています。

骨盤周りにある代表的なインナーマッスルには、大腰筋・腸骨筋の2つを合わせた腸腰筋という筋肉がありますᕗ

この筋肉が弱ってくると骨盤が歪み、内臓機能の低下や冷え性などになりやすくなります><

しかしインナーマッスルはアウターマッスルと違い自分で鍛えるのが難しいです。

なのでさくら鍼灸整骨院平塚院では楽トレと呼ばれる機械を使い電気の刺激でインナーマッスルを鍛えていきます!!

 

神奈川を中心に14店舗を展開

”マイナスからゼロへ、ゼロからプラスへ” 症状の根本改善をめざす

さくらメディカル整骨院グループ

さくら鍼灸整骨院 平塚院

神奈川県平塚市代官町33-1 OSC湘南シティ2F

TEL 0463-72-8940

お子様連れOK、駐車場完備、予約優先制、お電話でご予約ください。